So-net無料ブログ作成
検索選択

アキハバラハードディスク事情 [計算機]

一昨日のことですが、ハードディスクを購入するために秋葉原のパーツショップを巡ったのでその時の感想を。

探していたのは、ハードディスクケースに入れて常時稼働のファイルサーバー用途にすることから、以下の条件。

  • パラレルATA
  • 耐久性重視モデル(いわゆるニアライン用途)

…だったのですが、もはや選択肢が少なくなっていることを実感。SeagateのBarracuda ESはそもそもシリアルATAしかないので、選択肢は自ずとMaxtorのMaxLineシリーズかHGSTのDeskstar 7K500となるのですが、容量は500GBのものはDeskstar 7K500しか在庫を見かけず、ということで結局これを購入。MaxLine Pro(MaxLineの500GBモデル)は価格表に掲示しているショップはあったものの在庫は皆無、次回入荷も不明…Maxtorのハードディスク部門がSeagateに買収されてからそれなりの期間が経ち、ブランドの整理を進めている現状では当然とも言えるのですが…ということでした。

ということで、パラレルATAのニアライン用途ハードディスクを必要とされている方は早めの購入をおすすめします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。